スニル・アローラ

在デリーの税務担当、パートナー

sunil.arora@asa.in

ニューデリー事務所に在勤し、税務業務を推進。移転価格政策に強く、お客様の代理で財務当局と交渉。国際税務が専門。複数の外資系企業に対してインドで許可されている範囲内の業務戦略、税務計画、クロスボーダー取引の問題点、複雑な税に関する国際協定の解釈などをアドヴァイスしております。駐在員の税務問題にも精通。上訴担当所得税コミッショナー、係争解決パネルなどを含む税務当局の折衝を行っております。

1998年からASAで教習生としてスタート。2001年よりインド公認会計士協会に所属。当初は法人企業のアシュアランスとコンプライアンスに携わりました。2002年より税務ディヴィジョンの責任者に昇格。国際租税研究機関(IFA)、ニューデリー所得税裁判所(ITAT)のメンバー。部内研修や白書執筆経験を社内でシェアしております。

17年在勤、フランス・テレコム社の移転価格問題、日本メーカーの二国間租税協定問題弁護に成功、米国ソフトウェア会社案件など大きな成果を上げています。また、私募債、ベンチャーファンドのコンプライアンス監査も従事。インド国内外で講演を多数実施。インド、イギリス、ヨーロッパを活発に移動。余暇はロイヤル・エンフィールドのバイクに根中しています。